'開高健の想い出' Category

開高健の想い出②

(※インタビューは2009/11/11日のものです。)
●本日は、常見さんの誕生日ですね。

 そうですね。私(常見)は昭和5年、1930年に生まれました。
開高さんもわたしも、丁度同じ年に生まれたので開高さんは12月30日生まれです。
 20年間、開高さんとお付き合いさせていただきましたけれども、強く印象に残る事が沢山ありましたね。
 開高さんと私も、ルアーフィッシングという擬餌針で魚を釣り始めた時期は丁度同じ頃だったんですね。
 開高さんがアウシュビッツ裁判の取材で西ドイツを訪れた1966年頃、西ドイツの釣具屋でルアーを見つけたのです。
擬餌針には、金属やプラスチックなど、色々なものがありますが端的に言えば
『人工誘惑物』で、英語でルアーと言います。
 開高さんはアルプス山脈近くの湖で70センチもあるパイクという魚を釣って、日本に帰ってきた。大威張りで帰ってきた。
ルアーを知っているのは俺くらいだろうと。
 たまたま私は開高さんより1年か2年ルアーを知るのが早かったのでしょう。
私は、ルアーを日本橋の三越の釣具コーナーにあるのを見つけ、店員に説明を受け、自己流でルアーを覚えました。
 それが1966年1月です。
 開高さんもそのころドイツで覚えた。金属で出来たスプーンに針をつけて、水中にいる魚をおびき寄せる。水の中で、きらきら輝くルアーがゆらゆら動く。
その動きに誘われて、魚がルアーに食いつく。(ルアーには音を出すものもありますが)水の中では多少の音も出るのでしょう。
ルアーで釣られる魚は肉食性で小魚やエビなど、小動物を水中で捕食します。
ルアーは小魚に似ている動きをするので、食いつくわけです。
 私は、ある釣り雑誌に頼まれて、奥只見湖(銀山湖)で大きく育った岩魚を釣った記事を書きました。それが開高さんの目にとまったのが永年の友人となるきっかけです。
                                 つづく・・・

Share on Facebook

開高健の想い出①

最高の山菜焼飯を食べたいと、中華鍋を背負って奥只見湖を訪れる男がいた。
 その人の名は、開高健(かいこう・たけし)。芥川賞受賞の作家であり、
こよなくルアーを愛した釣り師が、奥只見の魚を守るために環境保護運動に立ち上がった。

【開高健プロフィール】
1930年、大阪市生まれ。壽屋の社員だった58年『裸の王様』で芥川賞を受賞し、これを機に執筆業に専念。64年、朝日新聞社臨時特派員として戦時下のベトナムへ。反政府ゲリラの機銃掃射に遭い九死に一生を得る。熱心な釣り師としても知られ、日本はもとより世界中で巨大魚を追い『オーパ!』、『フィッシュ・オン』など釣りをテーマにした作品も残した。また、食通でもあり食と酒についてのエッセイも多い。89年、食道腫瘍に肺炎を併発して死去。享年58歳。奥只見の魚を育てる会永久会長

【常見 忠プロフィール】
1930年、群馬県桐生市に生まれる。銀山湖の大岩魚に出会い
芥川賞作家・開高建氏と親交を結び、日本を始め世界各地に
巨大魚を求めて釣り歩く。ルアー創成期からのパイオニア。
奥只見の魚を育てる会代表。

Share on Facebook

開高健の想い出

今年は会の永久会長 開高健氏の生誕80周年の年にあたります。

1月1日に発行された地元の小出郷新聞に
『奥只見を愛した開高健の想い出』と題して
常見代表のインタビューが掲載されました。
小出郷新聞より許可を得ましたので数回に分けて掲載したいと思います。

DSC_1861

Share on Facebook